自分は悪くないと思っても過失割合は発生するものです

「自分は事故何て起こさないから!」と、自分の運転に自信を持っているドライバーは恐らくかなり多いでしょう。

故に、速度違反、一時停止無視や、信号無視、ハザードランプを出さない、Uターン禁止道路でのUターン、駐車禁止区域での無断駐車……..数え上げれば切りがない危険な運転をドライバーは知らず知らずいや、知って起こしているのではないでしょうか?

『誰も見ていない』その気持ちが事故を起こす原因となると、私は思います。

私も事故を起こしたことがあります。まさか、自分が事故を起こすなんて思ってもいませんでした。

速度もきちんと守っていましたし、一時停止も守っていました。ハザードランプも出し忘れたことはありません。

しかし、どれだけ自分自身が気を付けていても他のドライバーの危険運転に巻き込まれて事故は発生してしまうのです。

自分は悪くなくても、相手が勝手に突っ込んできた事故であっても過失が10:0でない限り、貴方に過失が生まれ罰金や処罰を受ける可能性があります。

今例に上げたのは相手が車の場合。

もし、これが自転車であれば貴方が一時停止後、少しでもブレーキを緩めた際、勝手に自転車が突っ込んできた事故なら貴方は加害者になってしまいます。

対人ならもっと酷い罪になります。急に飛び出した人を跳ねてしまったら……..。

ドライバーなら急に飛び出した人が悪い!と言いたいですが、日本の法律では車の方が過失が高くなります。

どんなに貴方が安全運転を心掛けても起きてしまう事故。

そんな時に大切なのが任意保険に入っていることです。ただし、ここでも慢心はよくありません。

自分は事故は起こなさないから一番安い保険に入ろう。そんな考えで対物に対しての保険を省いてしまう。

もし、事故を対車で起こした場合、相手方の車の賠償を払わなければいけない場合保険を使えば数万で済むんだものを、入っていなかったことにより修理費で数百万とかかる場合もあるのです。

もしもな数百万と任意保険の数万円、どちらが安くて安心か決めるのは保険に入るドライバーですが、私は任意保険を高めてでも対物に強い保険に入るべきだと思います。

最後に、事故にあってどんなに気が動転してもその場から逃げては絶対にダメです。きちんと警察を呼び、然るべき対応をしてください。

そうすれば、事故も少しは軽いものになるかもしれません。ドライバーのみなさん、安全な運転を心がけてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です