ちょっとした対物事故!まずはかかる費用を計算しよう

車の事故って対人だけでなく、物とぶつかる対物事故もありますよね。例えば駐車場でバック駐車をしていて柱にぶつけてしまったり、ガードレールにぶつけてしまったりと物が被害に遭っているだけで人は一切怪我をしていない事故のことを「対物事故」と言います。

普段車を運転している人であれば、何割かの人は経験したことがあるのではないでしょうか。ですが、そんな対物事故を起こした時に「保険を使おう」とすぐに保険を使ってしまってはいませんか?実は事故によっては保険を使うことで損になってしまう事故もあるのです。どんなものなのかご紹介していきますね。

自動車保険は数年前にルールが変更になり、事故をしたことで保険を使ってしまうと等級が落ちるだけではなく「事故あり等級」が適応されてしまいます。事故あり等級となってしまった場合、等級の数は同じだったとしても割引率が極端に低くなってしまうのです。

そのため、事故あり等級なために実際の等級よりも3つ程度低い等級の割引率と同じくらいになってしまうことも。そのため、いくらその年の保険料が安かったとしても事故あり等級になることで一気に保険料が上がってしまう方も多くいるのです。

しかも事故にもよりますが、1~3年は事故あり等級が引き継がれてしまうので、その間の保険料の差額はかなり大きいです。

もし、3年などの長期契約の場合などは、事故あり等級になったとしても次の更新時には事故あり等級ではなく「事故なし等級」となっていますので、割引率も元に戻りますし等級も1年に1等級上がるのでほとんど保険料は変わりません。

ですが、長期契約ではなく1年での契約の場合は大きく保険料が変わってしまうので要注意です。ですが、保険の知識がない方からすれば「じゃあどうすれば良いの?」となってしまいますよね。

そこでおすすめなのが、加入している保険会社の方に「保険を使った場合の保険料の差額と修理代はどちらが高いですか?」と直接聞いてみることです。

例えば全体の修理代は5万だったのに保険料の差額は7万円だった場合は、保険を使わずに修理代を自分で直接払った方がお得ですよね。逆に、修理代が20万で保険料の差額が5万円だった時には保険を使った方がお得です。

保険会社の方は保険のプロですから、保険を使うべきか相談してみればお得な方をすぐに答えてくれますよ。すぐに保険を使うと決めずに、今後の保険料のことも考えて決めてみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です