事故で車が田んぼに突っ込み全損になりました

私は数年前に交通事故で愛車が廃車になりました。事故が起こったのはT字路でのことでした。普段から車の通りも少なく、見通しも悪い場所ではありませんでした。

私は、T字路に差し掛かり、一時停止をし左折をしようとしていました。

右の方から車は来ていましたが、かなり距離があったこと、また相手の車が左折のウィンカーを出していたので、左折を試みました、すると想定以上に右から来ていた車がスピードを出していたこと、また直進してきたこともあり、私の車と出会い頭で衝突しました。

その勢いで私の車は押され、ガードレール脇の田んぼに落ちてしまいました。落ちる最中に、大きな石などにぶつかり前側のエアロは外れ、タイヤで無残に踏んでいく音もしました。

不幸中の幸いか、体には何も異常がありませんでした。また、相手側の車は、田んぼとは逆の方向に押されたこともあり、少しへこみがあったこと、またタイヤの破裂程度で済んでいました。

落ちた瞬間には何が行ったのか分かりませんでしたが、すぐに理解し相手側の車へと行き話し合うことになりました。

当然、お互いの意見は食い違い、自分のことを正当化する形になりました。警察を呼び、お互いの連絡先を交換し、その場は収まりました。ただ、車が田んぼに落ちてしまっていたので、引き上げを行う必要があり、知り合いの車屋さんに依頼し、レッカーで引き上げてもらいました。

その時点で、前側のエアロはめちゃくちゃ、ライトも片方が割れてしまっていました。また、それよりも重症だったのが、フロント側のタイヤが逆ハの字に開いてしまっていたことでした。

車屋さんからは、直すことはできるけど、長く乗ると考えれば少し危険でもあるし、おすすめは出来ないと言われました。それでも一応、全てを修理する場合の見積もりをお願いしました。

また、直後に保険会社からも連絡が来て、結局一時停止側の私の過失が大きく、7:3で示談ということになりました。また、金額的にはその時の、車の時価から考えた額というよくわからない説明を受け、30万程になりました。

また車の修理費の総額は120万円程になってしまい、30万の金額を充てたとしても、残りの90万以上実費で出さなければいけない計算になり、車屋さんに依頼して廃車の手続きを行いました。

購入して1年も経っていなかったので悔やんでも悔やみきれない結果になりました。ひょんなことから廃車になる危険性はひそんでいるという勉強にもなりました。

車 全損

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です