「Uncategorized」カテゴリーアーカイブ

ちょっとした対物事故!まずはかかる費用を計算しよう

車の事故って対人だけでなく、物とぶつかる対物事故もありますよね。例えば駐車場でバック駐車をしていて柱にぶつけてしまったり、ガードレールにぶつけてしまったりと物が被害に遭っているだけで人は一切怪我をしていない事故のことを「対物事故」と言います。

普段車を運転している人であれば、何割かの人は経験したことがあるのではないでしょうか。ですが、そんな対物事故を起こした時に「保険を使おう」とすぐに保険を使ってしまってはいませんか?実は事故によっては保険を使うことで損になってしまう事故もあるのです。どんなものなのかご紹介していきますね。

自動車保険は数年前にルールが変更になり、事故をしたことで保険を使ってしまうと等級が落ちるだけではなく「事故あり等級」が適応されてしまいます。事故あり等級となってしまった場合、等級の数は同じだったとしても割引率が極端に低くなってしまうのです。

そのため、事故あり等級なために実際の等級よりも3つ程度低い等級の割引率と同じくらいになってしまうことも。そのため、いくらその年の保険料が安かったとしても事故あり等級になることで一気に保険料が上がってしまう方も多くいるのです。

しかも事故にもよりますが、1~3年は事故あり等級が引き継がれてしまうので、その間の保険料の差額はかなり大きいです。

もし、3年などの長期契約の場合などは、事故あり等級になったとしても次の更新時には事故あり等級ではなく「事故なし等級」となっていますので、割引率も元に戻りますし等級も1年に1等級上がるのでほとんど保険料は変わりません。

ですが、長期契約ではなく1年での契約の場合は大きく保険料が変わってしまうので要注意です。ですが、保険の知識がない方からすれば「じゃあどうすれば良いの?」となってしまいますよね。

そこでおすすめなのが、加入している保険会社の方に「保険を使った場合の保険料の差額と修理代はどちらが高いですか?」と直接聞いてみることです。

例えば全体の修理代は5万だったのに保険料の差額は7万円だった場合は、保険を使わずに修理代を自分で直接払った方がお得ですよね。逆に、修理代が20万で保険料の差額が5万円だった時には保険を使った方がお得です。

保険会社の方は保険のプロですから、保険を使うべきか相談してみればお得な方をすぐに答えてくれますよ。すぐに保険を使うと決めずに、今後の保険料のことも考えて決めてみてはいかがでしょうか?

本当に自分が悪くないと思ったら、絶対に「すみません」や「ごめんなさい」言わないこと!

私の旦那は、つい最近交通事故にあいました。事故は、一緒に買い物へ行き帰り途中に起きたので私は後ろに乗っていました。

二車線の右側を私たちは走っており、左車線に止まっていた車を追い越そうとし、左車線から右車線にうつる車とぶつかりました。私たちは左のヘッドライトと、タイヤの部分が損傷しこのまま走ると整備不備になるほどでした。

相手の車は右後ろのタイヤの上の角とタイヤが擦れる程度でした。ぶつかった時の状況としては、私たちは規則を守り通常通り走っていて相手の方は、スピードを落とさずに曲がってきました。

車を端に寄せ警察を呼ぼうとした時に相手が降りてきて「ぶつかってきましたよね?今警察呼んだんで。」と言われました。そしてその後にその人のお母さんと思われる方が降りてきて「おばあちゃん大丈夫?びっくりしたよね。病院いく?行かなきゃじゃない?」と、大袈裟のように言うのです。

私たちがぶつかったわけでなく相手がぶつかってきたのになんなんだと思いました。警察がきて、事情を説明し名前と連絡先交換する時に私たちには生後7ヶ月の子供がいたので相手は気遣って「赤ちゃん大丈夫ですか?」と聞かれました。

私たちもびっくりしたけれど怪我もした様子もなかったので「大丈夫です。」と答えました。私の旦那もお年寄りがいたので聞きました。多分この時に、「すみません。大丈夫でしたか?」と聞き方をすると不利になっていたと思います。

夕方に事故は起きたので警察の人には、明日保険会社に連絡してあとは保険会社の方で対応とってもらってくださいと言われ、保険会社に電話をかけました。

ここでのポイントは、【少し大袈裟なくらいに言うこと】【細かいことまできちんと伝えること】が大切になってきます。単刀直入にいうと、私たちが悪くなかったとしても車の当たったところからすると前方注意になり、今回の事故で本来は7(私たち):3(相手)の過失割合だったそうです。

それを覆すことのできたことはこの2つだったと思います。何を言われても、すみませんやごめんなさいは言ってはいけません。

もちろん、保険を対応してくださった方の運にもよると思いますが、細かいところまできちんと伝えることで相手が「右車線をみていなかった。」と言ったり、「ぶつからないように始めから車線を跨いで走っていた」とおかしなことをいってきたのです。

そのお陰で、過失割合を覆すことができたので自分が悪くないと思ったら絶対に謝らないでください。そして保険会社には、大雑把ではなくきちんと細かい出来事まで伝えましょう。

事故で車が田んぼに突っ込み全損になりました

私は数年前に交通事故で愛車が廃車になりました。事故が起こったのはT字路でのことでした。普段から車の通りも少なく、見通しも悪い場所ではありませんでした。

私は、T字路に差し掛かり、一時停止をし左折をしようとしていました。

右の方から車は来ていましたが、かなり距離があったこと、また相手の車が左折のウィンカーを出していたので、左折を試みました、すると想定以上に右から来ていた車がスピードを出していたこと、また直進してきたこともあり、私の車と出会い頭で衝突しました。

その勢いで私の車は押され、ガードレール脇の田んぼに落ちてしまいました。落ちる最中に、大きな石などにぶつかり前側のエアロは外れ、タイヤで無残に踏んでいく音もしました。

不幸中の幸いか、体には何も異常がありませんでした。また、相手側の車は、田んぼとは逆の方向に押されたこともあり、少しへこみがあったこと、またタイヤの破裂程度で済んでいました。

落ちた瞬間には何が行ったのか分かりませんでしたが、すぐに理解し相手側の車へと行き話し合うことになりました。

当然、お互いの意見は食い違い、自分のことを正当化する形になりました。警察を呼び、お互いの連絡先を交換し、その場は収まりました。ただ、車が田んぼに落ちてしまっていたので、引き上げを行う必要があり、知り合いの車屋さんに依頼し、レッカーで引き上げてもらいました。

その時点で、前側のエアロはめちゃくちゃ、ライトも片方が割れてしまっていました。また、それよりも重症だったのが、フロント側のタイヤが逆ハの字に開いてしまっていたことでした。

車屋さんからは、直すことはできるけど、長く乗ると考えれば少し危険でもあるし、おすすめは出来ないと言われました。それでも一応、全てを修理する場合の見積もりをお願いしました。

また、直後に保険会社からも連絡が来て、結局一時停止側の私の過失が大きく、7:3で示談ということになりました。また、金額的にはその時の、車の時価から考えた額というよくわからない説明を受け、30万程になりました。

また車の修理費の総額は120万円程になってしまい、30万の金額を充てたとしても、残りの90万以上実費で出さなければいけない計算になり、車屋さんに依頼して廃車の手続きを行いました。

購入して1年も経っていなかったので悔やんでも悔やみきれない結果になりました。ひょんなことから廃車になる危険性はひそんでいるという勉強にもなりました。

車 全損

テーマパークの駐車場で接触事故、逃げてしまった息子の体験談

お恥ずかしい話ですが、息子が免許取り立ての頃繁忙期のテーマパークの駐車場で帰り際に停まっている車にぶつかりそのままその場を去ってしまった体験談です。

車を出す際にハンドルの切り方が悪かったのでしょう、近くの車の前方の角を擦ってしまいました。

ぶつかってしまった事が車の事故に該当することを無知な息子はそのままそのテーマパークを後にしました。それからどのくらい時間が経った頃かわかりませんが、警察から自宅にお電話がありました。

繁忙期だったため多くの方がその事故を目撃されていて警察に連絡されたようです。電話口で「〇〇の車種、ナンバー、〇〇(息子の名前)さんの車で間違いありませんよね」本人がいるか尋ねられましたが、本人は一人暮らしのため親からは電話で連絡する手立てしかありませんでした。

警察の方には「本人に連絡をとり、警察の方へ伺うよう致しますので」とお電話を切らせていただきました。

息子へ再三の電話をするも全く出ません。メールをしても無視。

最後は「このまま逃げても警察に捕まるだけです、そのまま逃げますか?なぜ逃げてしまうのかわかりません。事故は保険会社が間に入るので相手の方の修理代も保険で支払われます。支払いに関しては何も気にしなくていいからこれを読んだらそのまま近くの交番でも警察でもいいので〇〇で接触事故を起こした〇〇(自分の名前)ですと伝えなさい。」とメールを送りました。

そのメールを送った後すぐに息子から連絡がきて「保険ってそういうものも払ってもらえるの?」と無知な息子。「今回はお金のことは大丈夫だから、逃げてしまうなんて事をするのは一番行けない事なんだよ」と伝えました。

その後、すぐに警察署に行き相手の方も修理代払ってもらえるならそれでいいとスムーズに帰してもらえました。親はハラハラです。免許や車を持たせて良かったものかと。ですが、本人にはとても勉強になる出来事だったと思います。

まだ若い頃の自動車事故なら親もある程度は覚悟をしています。運転が未熟だからバックしてしていてぶつけたりこすったりあると。そんな時は、警察と保険会社に連絡すれば一番早い事なのですがそれができないならまず親に頼ってみるのも良いと思います。

人生経験は子供より豊富です自分にその知識がなくても親には人脈があるのです。子供にもそのように伝えました。

あれから10年近くの年月が流れ息子も人としてしていけないことをしましたが、あの交通事故がなければ事故の時の手順などわからずにいたことだと思います。

その後言い続けていたのは「お前が自分で事故を起こして自分が傷つくのはいい。でも相手がいた場合、身体的障害やもしものことがあったら自分に責任が取れるのか?それをいつも考えて運転しなさい」と。

ある意味、自業自得と言い放った私は冷たいと思いますが車を運転する以上120%の目配り、気配りは必須だと思っています。

でももう、交通事故の連絡は被害者ならなおさら加害者でもこりごりです。

また、保険会社の方も過失100%であるにも関わらず親身になって対応していただきました。信頼おける保険会社選びも大事ですね。

自分は悪くないと思っても過失割合は発生するものです

「自分は事故何て起こさないから!」と、自分の運転に自信を持っているドライバーは恐らくかなり多いでしょう。

故に、速度違反、一時停止無視や、信号無視、ハザードランプを出さない、Uターン禁止道路でのUターン、駐車禁止区域での無断駐車……..数え上げれば切りがない危険な運転をドライバーは知らず知らずいや、知って起こしているのではないでしょうか?

『誰も見ていない』その気持ちが事故を起こす原因となると、私は思います。

私も事故を起こしたことがあります。まさか、自分が事故を起こすなんて思ってもいませんでした。

速度もきちんと守っていましたし、一時停止も守っていました。ハザードランプも出し忘れたことはありません。

しかし、どれだけ自分自身が気を付けていても他のドライバーの危険運転に巻き込まれて事故は発生してしまうのです。

自分は悪くなくても、相手が勝手に突っ込んできた事故であっても過失が10:0でない限り、貴方に過失が生まれ罰金や処罰を受ける可能性があります。

今例に上げたのは相手が車の場合。

もし、これが自転車であれば貴方が一時停止後、少しでもブレーキを緩めた際、勝手に自転車が突っ込んできた事故なら貴方は加害者になってしまいます。

対人ならもっと酷い罪になります。急に飛び出した人を跳ねてしまったら……..。

ドライバーなら急に飛び出した人が悪い!と言いたいですが、日本の法律では車の方が過失が高くなります。

どんなに貴方が安全運転を心掛けても起きてしまう事故。

そんな時に大切なのが任意保険に入っていることです。ただし、ここでも慢心はよくありません。

自分は事故は起こなさないから一番安い保険に入ろう。そんな考えで対物に対しての保険を省いてしまう。

もし、事故を対車で起こした場合、相手方の車の賠償を払わなければいけない場合保険を使えば数万で済むんだものを、入っていなかったことにより修理費で数百万とかかる場合もあるのです。

もしもな数百万と任意保険の数万円、どちらが安くて安心か決めるのは保険に入るドライバーですが、私は任意保険を高めてでも対物に強い保険に入るべきだと思います。

最後に、事故にあってどんなに気が動転してもその場から逃げては絶対にダメです。きちんと警察を呼び、然るべき対応をしてください。

そうすれば、事故も少しは軽いものになるかもしれません。ドライバーのみなさん、安全な運転を心がけてくださいね。